ようちゃんとなっちゃんとしゅうくんのお家
LONDON.
ヘザウィックな一日。
先日のBarbican Centreに引き続き、クリエイティブな空気に触れたくなった我が家。
翌週はVictoria & Albert Museumでちょうど始まったばかりだった
” Thomas Heatherwick(トーマス・ヘザウィック)” のエキシビジョンに行ってきました。




DSC02431.jpg
少々狭いスペースでしたがイギリスを代表する若手建築家なだけに、とても興味深いものばかり。
久々に面白いエキシビジョンでした。

 


DSC02561.jpg
ミュージアムの至る所には彼がデザインした「Spun Chair」が。
 
名前の通り回転体のデザイン。
初めて座ったんですが、このクルクルまわるのが思った以上に面白い!




DSC02433.jpg

DSC02432.jpg

DSC02559.jpg
キャーキャー言いながら大喜びのシュウくん(笑)




DSC02563.jpg
なに、また乗るの?




DSC02441.jpg
しょうがないなぁ。
 
 
 
さて、彼のデザインといえば何度も書いていますが「ニューロンドンバス」です。
 
ということで、
この日は幸運にもそれに初めて乗ることに成功しました!!
やったー!!


 

DSC02293.jpg
斜めカットなグラフィックがとても大胆。

 


DSC02337.jpg
全体に丸みをおびたフォルムと、後方にも入口があるのは
古き良きロンドンバスへのオマージュです。
 
 

インテリアはというと、、、

案外、印象は普通。
大きなインパクトを期待すると、ちょっと拍子抜け。
 
もちろん細かく見ていくと、デザインされているんですけどね。
 



DSC02525_resize1.jpg
2階。天井から側面にかけてスムーズな面で繋がっていますね。
 

DSC02397.jpg

DSC02399_2.jpg

DSC02534_resize1.jpg
ちなみに、初めてエアコン(クーラー)が装備されたみたいです。
確かに夏場の窓際とかは暑かったもんな。。。
なんとなくロンドンは一年中涼しいので、今まで暑さ対策なんて考えなかったんだろう。
ようやく気付いたか(笑)




DSC02396.jpg
等高線のようなグラフィックが施されたシート生地。
これ、シートの形状に合わせて模様を織り込んだ生地なので、意外に凝ってる一品。




DSC02536_resize1.jpg
二階の車窓から。
ちょうどピカデリーサーカスを通過中。

ほら〜、いつも歩いてるとこだよ、シュウくん。




DSC02539_resize1.jpg
、、、、、、、。

寝てるんかい!!




DSC02535_2.jpg
コーナーを大きめに取ったデザインの階段部分。




DSC02532.jpg

DSC02543.jpg
窓も階段に沿って斜めなのは凄い。
 



DSC02541_resize1.jpg
1階。
皆さん、もう普通に日常の足として乗っていらっしゃいますね。

個人的には”手すり”のパイプを何か工夫してほしかったなぁ。
素材から見直すとか、断面形状を変えるとか、取り付け場所を見直すとか、、、。
 
 
 
当たりくじを引いたみたいで、乗車出来た時はテンションがあがりました。
乗ったら結構普通なんですけど、それでも他のバスに乗るより新鮮です。
 
まあデザイン自体がどうのこうのというより、
こういう公共の交通機関に対してデザインオリエンテッドな取り組みがされること。
それが素晴らしいですよね。
 
 


DSC02546_resize1.jpg
今はHackney-Victoria間を走る「38番」の路線でしか運行されていないらしい。
さて、いつ我が家の近くにも来るようになるんだろう。。。
 
 
と、いうことで、
Heatherwickのデザインに触れる一日でした。


"Heatherwick Studio" → http://www.heatherwick.com/
 
 
 
ようちゃん、なっちゃん
デザイン comments(0) trackbacks(0)
ついに目撃!
一体いつになったら僕らの前に現れるのか!?

最近セントラルロンドンへ出るたびにキョロキョロしてたんですが、
先週末、ついに遭遇しました!!

えっ? 何にって??

これです!!



DSC01005_resize1.jpg




DSC01006_resize1.jpg




DSC01007_resize1.jpg
えーっと、、、分かりにくいですよね。

これ、新デザインのダブルデッカーなんですよ。

ついに目撃!!
といっても、クルマですれ違っただけですが。
しかも慌ててシャッターを切ったので、写真はご覧の通り(苦笑)

詳しくはこちらをどうぞ。

http://www.heatherwick.com/new-bus-for-london/

デザインしたのは、イギリスのデザイナー
"Thomas Heatherwick" (トーマス・ヘザウィック)氏。
王室に任命された最も若いデザイナーなのだとか。
上海万博のUK館や、今回のロンドン五輪の自転車競技場のデザインもしています。
上のURLは彼のスタジオのサイトです。


ということで、以前からずぅーっと気になってたんですよ、新しいダブルデッカー。
今度見つけたら、実際に乗車してみたい!


ようちゃん
デザイン comments(0) trackbacks(0)
雨の日は本屋さんへ 〜ロンドンで見つけたお気に入り〜


いまいち風邪が治りきらなくて微妙な、なっちゃん。

その影響で、シュウくんも微妙。

あるある。

たまにはそんな空気。




お天気もご機嫌ナナメで、午前中から風が強い。
雨の予報も出ている。
まもなくコンラン卿の展示が終了のデザインミュージアムに行きたいとこだけど、
せっかくなら、晴天で川沿い散歩をしたいところ。
この件は日曜日に延期。

ひとまず近所への買い出しへ。

午後のひととき、めずらしく外はがっつり雨。

外を出歩くこともできないので、そんな時は本屋へふらり。

そこで、よううちゃんが見つけました。




-4.jpg
“21世紀のクルマ辞典”とでもいおうか。
アルファベット順にクルマのメーカーやカロツェリア、デザイナーも数名紹介されている。
クルマ業界にいる人達はもう見てるかもね。




その、“N”のベージ。。。。

-5.jpg
あっ!


懐かしい!!(byなっちゃん)
ひとり、テンションが上がる。



さらに、

-6.jpg
なっ!!!


懐かし過ぎる!!


でんきキューブが出てる〜〜ぅ〜〜☆(byなっちゃん)


3代目キューブが載るのはわかるが、でんきキューブまでもが載っているとは。


日産での6年間、コンパクトカー中心だったから、
デザイン開発が短く、わりと多くの数を手がけさせてもらいました。
その中でも3代目キューブへの思いは格別。
ニューヨークショーでキューブ上陸のお披露目としての
“でんきキューブコンセプト”
始めから日程が無いなかで、私もヘマしたりして、必死だったな〜。。。


現場を離れて、4年。
もうすっかり変わってしまっているんだろうな〜と
ときどき思う。
あの忙しい日々とは全く違う日常の今、
こうして本屋で見つけたりすると、結構うれしいもの。

即、購入決定でした。

みつけたようちゃんえらい!(byなっちゃん)





それ以外にも、気に入った本を購入したのでご紹介。

レトロなキャンピングカーを集めたもの。





見返しもカワイイ。






どれもこれもかわいい☆

いつかの家作りの参考にしようかな。

今度はオランダあたりのボートハウスの写真集も見つけたいな〜。




久々の絵本も。

なんとも荒々しく力強くもシンプルなタッチの赤ずきん。




-11.jpg
なっちゃんが、自分に買ったのだが
シュウくんも意外と興味を示す。
だが、このお話、少々小さい子には。。。




-12.jpg
だって、最後おおかみは赤ずきんにもらった“毒の飴”にやられるこのシーンで終わる。

“いたいって〜”とシュウくんはおおかみに同情していた。

ママはこの赤ずきん好きだけどね☆





本屋でテンション急上昇の土曜日でした。




なっちゃん

デザイン comments(0) trackbacks(0)
ロンドンで購入のお気に入り 〜Part3〜
デザインミュージアムにて見つけた絵本。

-4.jpg
The Conductor.


-5.jpg
文字はなく、絵だけ。



-25.jpg
葉が茂った木と思いきや、それは鳥がたくさん集まった木。
指揮者の合図で飛び立っていく。

次々と。

全て。


最後は鳥は舞い戻り、指揮者は木を1本植える。



色も表現もキレイ。





自由な言葉で読み聞かせてあげたい。




なっちゃん
デザイン comments(0) trackbacks(0)
よかったら、、、
ロンドン赴任前まで、カタチのデザインをお手伝いさせて頂きました。
今日からお手元に届けられるようです。
docomoショップなどで触れるようなので、よかったら見てやって下さい。

正直こういう製品は、モノの「カタチ」より、モノからの「体験」が重要です。
皆さんが新しい体験を得られると嬉しいですね。

そして一年前、デザインを引き継いでくれた荻下くん。
どうもありがとう☆


〜 Sony Tablet Pシリーズ 〜


o0800060011458252214_resize1.jpg

- 製品情報
  http://www.sony.jp/tablet/products/P1/

- フォトギャラリー
  http://www.sony.jp/tablet/special/photogallery/P1/


ようちゃん
デザイン comments(0) trackbacks(0)
"London Design Festival"に寄り道
今日はSouth Kensingtonへ買い物に出掛けたのだが
近くのV&A(Victoria & Albert Museum)"London Design Festival"のエキシビジョンが
行われているのを思い出し、ちょっと寄り道してきた。

次の週末までやってるので、今日は軽〜く覗くだけ。
シュウくんにもいい刺激になるかなと思ってね。

とりあえず入り口はこんな感じになってました。

DSC03060.jpg
しばらく前からバスで通る度に「何を作ってるんだろう、、、」と思ってみてましたが
このためだったんだな。
有機的な形状を、あるアルゴリズムで組み立てている最近流行の表現。
まあこのスケールでやると、結構な存在感です。
素材は成型合板的な曲げ木でパーツを作成。それを金具で組んでいる。


さてと、とにかく今日はシュウくんの散歩目的なので、サァーっとね。


DSC03032.jpg
3Dプリンターによる試み。
これは服のようにマネキンに纏わせていた作品の一部。
偶然に出来たような形状をコントロールして形作る、これもまた最近の流行かな。
今までの製造工程では作れない3Dプリンターならではの表現。
この他にも照明器具やシューズなどがあった。



DSC03035.jpg
シュウくんが気になっていたもの。
ずっと天井見上げてた。
ぺちゃんこになった管楽器が黒塗りにされて吹き抜けの空間に同じ高さで吊ってあるだけ。



DSC03034.jpg
iPadを触らせる展示。まあ、これがメインじゃないんだけどね。
こういうのは当然シュウくんにはとっては面白いおもちゃ。



DSC03028.jpg



今回のV&Aのエキシビジョンに参加したデザイナーを紹介する冊子。
なんか変な折られ方してる。。。
遠くから目を引くのだが、、、

もらってから、かさばるんですけど。。。



DSC03050_2.jpg
ファブリックタイルを広いギャラリーいっぱいに並べたエキシビジョン。
厳かな空間にデジタルなカラータイルが並ぶ。
タイルと共に空間も何となくグラデーションしてる感じ。

とりあえず多くの人がくつろいでた。

DSC03040.jpg
で、ようちゃんもとりあえず横になってみる。




シュウくんにとっては、恰好の遊び場である。




あ〜あ、あっちまで走って行っちゃった。
しかも知らない子達とキャーキャーいいながら。
この人見知りしない性格は誰に似たんだ?少なくともパパとママには無い(笑)

結局ここでは20分くらいくつろいでた(遊ばせてた?)。


本当にちょいと寄り道しただけだったけど
V&Aのような歴史的空間の中にエキシビジョンが点在してるのが新鮮だった。
例えば数百年前の寝具の常設展示の傍らに、3Dプリンターで作られた
有機的なデザインのハイヒールが並べられてたり。
新旧の時代を織り交ぜた物語がそこにあるような。
展示自体は地味なものでも、場所柄そういう連想をしてしまうのは
僕らだけじゃないだろう。



こういった感覚は東京のデザインウィークでは味わえなかったな。
せっかくなんで今週末にでもじっくり他のエキシビジョンも見ようと思う
"100%Design London"も始まるしね。


ようちゃん


デザイン comments(0) trackbacks(0)
ロンドンで購入のお気に入り~PART 2~
-13.jpg
子供向けの“数字”と“ABC”の本。
変に子供じみていないのがいい。


絵が気に入り、画集をみつけて購入。



-15.jpg







-16.jpg
飛び出す絵本。


-17.jpg
教会のようなお家を中心に。。。



-18.jpg
1ページ進むごとに少しずつ街がつくられていく。



飛び出す絵本は壊れやすいので、
普段は安全地帯に保管。

ときどき、ひそかに眺める。


シュウくんにはもう少し大きくなってからね。



-14.jpg
パスタのパターンがかわいくて。








なっちゃん
デザイン comments(2) trackbacks(0)
ロンドンで購入のお気に入り。
ちょこちょこ買いためていた、お気に入りの記録。



-10.jpg
迷子のペンギンの家を探し、送り届ける話し。
ゆる〜く、かわいい絵に惹かれて。



そのシリーズも。
-12.jpg
-11.jpg
-9.jpg





-7.jpg
同じ作者。
“木”がモチーフだとついつい気になる。
シュウくんの“集”の字が木に鳥が集まる様子を模しているので。




-8.jpg
シュウくんの最初のクルマも赤いので。



ついつい惹かれてしまう絵本。





なっちゃん
デザイン comments(0) trackbacks(0)
我が家のカメラ
最近時々、ブログの写真を何で撮ってるか聞かれるので
ちょっと愛用のカメラのご紹介。



DSC00766.jpg
機種はSONYの「NEX-5」です。




DSC00738.jpg
DSC00752.jpg
もともと一眼レフの「α300」と、αレンズ(Aマウント)数種類を持ってたので
Aマウント用のレンズアダプターをかませて、なんとなーく自分の気分でレンズを取っ替えてます。
筒の根元から細いシルバーの帯まではレンズじゃなくてアダプターです。



最近よく使ってるのはこのレンズ。


DSC00743.jpg
F1.4/50mmの単焦点。



撮影例。

001.jpg

DSC01411.jpg

005.jpg

-2.jpg
とにかく明るくて多少暗くても容易に撮れるし、ボケがキレイに出せるんで、

撮りたいものがハッキリ見せれる感じ。コンデジとの違いも出やすいと思うな。
子供の表情とか料理の写真とか、お手軽に雰囲気出せます。




ちょっと前まで主力にしてたのはコレ。

DSC00754.jpg
F2.8/28-75mmのズームレンズ。



撮影例。

002.jpg

-5.jpg

-10.jpg



-9.jpg
明るくてズームも出来るんで多用途に持ち歩いていました。
ただαマウントでモーターも内蔵だったんで、、、お、重い。
ただ撮りたいイメージ近い結果が得られるレンズだったんで
僕もナッチャンも気に入っていたんですが、、、

二ヶ月程前、何やらリビングから「ガチャーン!」

!!?

あー!シュウくんがカウンターからカメラ落っことしてる!!
いままで届かないと思ってたところに手が届いたみたい。

すぐに拾って動かしてみると、カメラは無事。レンズは、、、
あちゃー、フォーカルリングがメチャクチャ固くなってるじゃないかぁ。
当然オートフォーカスは無理。
やっちまった。。。
修理代も調べたら結構かかりそう。

ということで、いま負傷中のレンズ。。。




時々持って行くのがコレ。

DSC00757.jpg
F4.5-5.6/11-18mmのワイドズームレンズ。



撮影例。



-14.jpg

006.jpg
かなり広角に撮れるんで、キャンプに行った時に景色をパノラマに撮ったり
室内を広ーく撮りたい時に使ってます。




最近お手軽に持ち歩いてるのはコレ。

DSC00764.jpg
F3.5-5.6/18-55mmのズームレンズ。
コレはNEX用のEマウントです。



撮影例。

-23.jpg

DSC07912.jpg
NEX用なので、ホントにコンパクトで軽い重量なのが魅力。
当然オートフォーカスも素早く動くし、程よい画角で場の雰囲気を捉えれる気がする。




最後に紹介するのはコレ。


DSC00762.jpg
F4.5-5.6/70-300mmの望遠レンズ。

デカッ!!
でもこのアンバランスな格好、結構好きだったりして。



撮影例。

004.jpg



003.jpg
とにかく望遠なので、普段見えない絵が撮れる。
ただやっぱりレンズ自体がデカくて重いんで、なかなか登場しないですね。


今使ってるのは、これらで全部かな。

もちろんある程度は調べてそれぞれのレンズを手に入れたんですが
全くカメラは素人なんで、あまりセオリーみたいなのも分からない。
それぞれしばらく使ってみた感じで、自分で使い分けてます。


そんなノリでこれからも楽しんで写真撮って載っけていくんで宜しくお願いしまーす。

(ちなみに今回NEX-5のボディの撮影は会社から借りてきたコンデジで撮影しました。)


ようちゃん
デザイン comments(0) trackbacks(0)
ミラノサローネ、行ってきた。
何気に初体験のミラノサローネ。
ようやく来れた!

4月13日から15日の2泊3日の強行日程。
それでも朝にロンドンを出て、朝にミラノ到着。(すばらしい)
早速ホテルへ荷物を置き、街へ。

今回の移動は基本的にトラムと地下鉄でガタンゴトンガタンゴトン、、、、、

DSC06241.jpg
うーん、クラシカル。
天井のランプとか真鍮にリアルガラス。
いつから使われているのかね、この車両。
ちなみに手前から3人がマネージャーも含めた今のオフィスのIDチーム。
日本人、ドイツ人、フランス人。
もう一人スペイン人のメンバーもいるのだが、ガールフレンドを連れて
3日間行方をくらましやがった。。。一応出張なんですけど。。。(苦笑)


さて、天気にも恵まれた3日間、足が棒になるまで歩き続けました。。。

DSC06277.jpgDSC06388.jpgDSC06365.jpgDSC06313.jpg
DSC06463.jpgDSC06699.jpg
たくさん刺激をもらった。
でも実のところ、個人的にはちょっと期待はずれだったかな。
駆け足だったから見逃してるものも多いかもしれないけど
企業コマーシャルな要素が出てる展示も多く、ちょっと残念。
素晴らしいものもたくさんあるんで、余計に気になる。



DSC06491.jpgDSC06712.jpg
ザーッと見て目にとまったのは
月並みですが"STARCK"。さすが。
素材の使い方、カタチのバランス、やっぱし本当に上手です。



DSC06438.jpgDSC06555.jpgDSC06679.jpg
ちなみに撮ってきた写真から、なっちゃんが選んだのはこちらの3品。
うんうん。



DSC06450.jpg
一応、「ドゥオモ」も拝んできた。
でも鳩の餌を無理矢理持たせてチップを要求するおっさんに絡まれた。。。



一番がっかりだったのは、、、
3日間のメシ。
全部ハズレ。

ここ、ミラノだよな?

、、、、、、、、。

リサーチ不足だった俺が悪いんですが。。。


でも懲りずにまた行きたいと思いまーす。
長友の応援にサンシーロスタジアムにも行きたい。


ようちゃん

デザイン comments(2) trackbacks(0)
| 1/1 |