ようちゃんとなっちゃんとしゅうくんのお家
LONDON.
鶏を食らう。
クリスマスといえば『鶏の丸焼き』。
食べたい!っていうより、絵面的に必要な感じでしょ?(笑)

キャンプではダッチオーブンを使って何度も作ってますが
自宅でオーブンを使っての丸焼きに初めて挑戦してみました。




-11.jpg
うんうん、なかなかいい感じの仕上がり。
我流で適当にスパイスなどで漬け込んで、2時間程かけて焼き上げました。




-12.jpg
シュウくんもその迫力に興味津々。
大きいでしょ〜。


んんっ?

突然シュウくんが絵本を持ってきた。





持ってきたのは最近読み聞かせてる絵本の一つ。
『11ぴきのねことあほうどり』。





コロッケ屋さんを始めたネコ達が、
売れ残りのコロッケばかり食べて、うんざりしてるこの場面。
なるほど〜、登場してるね!

「おいしい とりのまるやきが たべたいねぇ」

「たべたいねぇ とりのまるやき」

「あー、とりのまるやき」


ということで、美味しく頂きました☆

ちなみにこの絵本、僕が小さい頃にも読んでもらってました。

この本自体も、その時のを実家からもらってきたもの。



う〜ん、しかし、、、
この1羽を一晩ではとても食べきれない。

せっかくなので、色んな味や仕立てで、ゆっくり隅々まで堪能しましょう。




DSC07413.jpg
翌日の夕飯。
身の一部を白ワインであらためて蒸し焼きに。
リンゴとオレンジで作ったジャムを添えて。

このジャムですが、
マルドワインを作った時に鍋へ浮かべたリンゴとオレンジがもったいないので
そのまま鍋で煮詰めて作ったものです。
マルドワインのスパイスが利いた、甘酸っぱい大人な味。

鶏の塩味とジャムの甘さが、なかなかいい感じでしたよ。




DSC07565.jpg
その翌朝の一皿。お茶碗サイズの「鶏ネギ丼」。
お肉を細かくほぐし、ネギと一緒に醤油とみりんで軽く煮詰めてご飯の上へ。
僕となっちゃんは七味をちょっとかけて頂きました。
鶏とネギ。黄金の組み合わせです☆




DSC07588.jpg
その翌日の夕飯の一皿。
お肉をすべてほぐした鶏ガラも無駄にはしませんよ。
水を張った鍋に1羽分のガラを入れて、数時間コトコト。
冷めたらゼラチン質でゼリー状に固まるくらいのスープが採れたんで、
そのスープを使ってなっちゃんにリゾットを作ってもらいました。
最後に残ってたお肉をのせて完成。
自分達で言うのもなんですが、絶品でした☆



ついつい「ごはんもの」に仕立ててしまうのは、
やはり自分達が日本人だからでしょうか(笑)

以上、鶏を隅々まで食らった2011年の年末でしたー。



ようちゃん
おいしい comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ynshome.jugem.jp/trackback/157
<< NEW | TOP | OLD>>