ようちゃんとなっちゃんとしゅうくんのお家
LONDON.
今年、最初のお客様。
2013年始まって早々、我が家はちょっと大賑わい。
なんと1週間のうちに、2人も客様が来るのだ。

まずは、SAYURIN。
パリにいる同僚を訪ねつつ、ドーバー海峡を渡ってきてくれた。

一日半の滞在なので、どこをどう回っていこうか。。。
希望を聞いたら、“ロンドンの王道を見ておきたい”という。
ようちゃん、なっちゃん、やや慌てる。(苦笑)
“王道”を後回しにしてきてる、というかこのまま見ないで帰任を迎えそうだった我が家。
いいチャンスをありがとう☆


まずはウォータールー駅周辺から。
ロンドンアイ、ビッグベン、ウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿。
ロンドンアイ以外、歩いて行ったことのないようちゃん、なっちゃん。
頼りない案内でごめんよ。

と、駅降りて、まず目に入るロンドンアイ。
近づくにつれ、あれ。。。おかしい。。。

?!止まってる!

ちょうどその日から2週間、メンテの為にお休みだそうで。

かなりがっかりしつつも、気を取り直して。

-10.jpg
ようこそ、ロンドンへ☆



動いていないロンドンアイはさておき、ビッグベンのほうへ。
あ、たしか、名前変わったんだっけ?
“エリザベス・タワー”だったかな。ついつい忘れてしまう。。。


-13.jpg
まじまじと見つつ、足元を通る。
夏期は中に入れるらしいので、忘れていなければ行ってみようね。



歩いて、その先にあるのが、ウェストミンスター寺院。
-4.jpg
なっちゃんはついついその名を忘れてしまう。。。




-5.jpg
入場に£16もしたけど、入ってみてビックリ。
ゴシック建築の世界的傑作と言われるだけはある。
祭壇を始め、天井の装飾など繊細で見入ってしまった。
見てみるもんですね。




ウェストミンスター寺院のその先、公園のほうへ行くと
バッキンガム宮殿へ。
-2.jpg
-11.jpg
-12.jpg
冬季はこのグレーの制服。
今は衛兵交代式は2日に一度。
寒空の元、子連れで場所取りや待機はちょっと厳しいので、
宮殿を眺めるのみにさせてもらって。
衛兵交代式がなくても、観光客はそこそこ来ていました。




-3.jpg
歩いている途中、“電話BOXと写真を撮りたい”というSAYURINの一言で、
私達も撮ってみました。
2年間いて、初めてです。




せっかくのロンドン、できればアフタヌーンティーでもと思っていたのですが、
結構時間のかかるティータイムになってしまうので、
それにちょっとでも近い雰囲気を。。。ということで、
F&M(フォートナム・アンド・メイソン)の2階で軽くお茶タイム。
-7.jpg
しゅうくん、“ふ〜ん”ってかんじで見てますが、
しっかり頂きました☆



-6.jpg
アイスのケーキなんですが、美味しい☆
この小ささがいいのかもね。



初日の最後は、タワーブリッジ。
-8.jpg




しゅうくんも、「いっぱいお話して楽しかったね〜」と。
立派なお土産もありがとう☆


SAYURINのおかげで、我が家もいろいろ初めての場所に行けて、
まるで違う国に旅行に行ったみたいな不思議な気分でした。



ようちゃん、なっちゃん、しゅうくん
おでかけ comments(0) trackbacks(0)
年の初めも、やはり“クルマ”で。
2013年、最初のおでかけは、やはり“クルマ”となりました。
昨年末から、セールやらなんやらと、
大人の都合でしゅうくんを買い物に付き合わせてしまったり、
お天気もすこぶるイマイチで、
なかなかスッキリできないので、ここでちょっと、しゅうくんが喜びそうなとこへ。。。

家からクルマで2時間くらい。
高速に乗って、ちょっとドライブ。
ここは2回ほど来たことのある、場所。
2012年5月にボンドカーが展示されてると知り、
行ってみたら、“オートジャンボリー”をやっていて、ボンドカーどころじゃないってなって。
その後、またオートジャンボリー目的で足を運び、その時もボンドカーは見ず。
そして今回、あと数日で展示が終わっちゃう!ってことで、ようやくです。

映画の007ですが、正直なとこ、なっちゃんが見たことあるのは、
“ダイ・アナザー・デイ”や“カジノ・ロワイヤル”程度。
慌てて、軽く予習してから臨みました。


-3.jpg

オートジャンボリーの時とは打って変わって、静か〜。



-5.jpg
いつも通り過ぎていた、ミュージアム入り口。
ついに中へ。





期待通りのふる〜〜〜いクルマ達が並びます。



-6.jpg
今日の目的は〜。。。このトンネルの向こう。。。




と、その前に、も〜見るものがありすぎて大変。
しゅうくんの大好きなジャガーのプロトタイプが行く手を阻みます(苦笑)



いざ、007の世界へ。


-11.jpg
現在、公開中のSKYFALLに出て来るアストンマーチンがお出迎え。



-32.jpg


BMWのZ8。
お決まりのミサイル。



-10.jpg
しゅうくんも予習してきました。
そして、しゅうくんの中で大流行りのロータス・エスプリ。



-30.jpg
水中を走る(?)シーンに何度も釘付け。




これも予習したね〜
雪山を滑ってくるんだよね。





広くはないスペースにクルマ以外のアイテムも展示されています。


今回、ボンドカーを見るにあたり、
しゅうくんにクルマの出て来るシーンのみ見せてから来ました。
爆破シーンがやたら多い映画なので、抜粋が大変です。(苦笑)
しゅうくんも、クルマが壊れるシーンでは「クルマがかわいそう。。。」
と悲しい表情。
やはりお気に入りは、ロータス・エスプリ。
自分のクルマのタイヤを外し、再現して遊んでます。

007はストーリーも単純だし、特に昔のは笑ってしまうアクションが多いけど、
クルマや最近はSONY製品も多く出演してるので、
見返してみようかな〜なんて。




しゅうくんは007にこだわることなく、知ってるものがたくさんあるので
次から次へとテンションがあがっていきます。




ちなみに、こんなクルマも。
Chitty Chitty Bang Bang。
大学時代からの友人が好きだと聞いたことあるよね。




-36.jpg
建物の中をモノレールが通り過ぎていきます。




-37.jpg
車のミュージアムでお決まりの昔の町並みも。




-26.jpg
バスの1階には入れます。
天井がまるで黄金のよう。



ここは車のミュージアム以外にも施設があり、モノレールやバスで移動できます。
オートジャンボリーで来る度に、
「あれに乗りたい」というしゅうくんの願いが叶いました。
-20.jpg
-21.jpg

車体の外には柵が無いので、結構恐い&寒い。
でも、しゅうくんは大喜び☆



そして、モノレールの発着所の前には。。。
-22.jpg
ラジコンに挑戦。
かなり真剣。




-23.jpg
ステアリングもシフトも〜なんてのは無理なので、パパと手分けして。
後半はシフトチェンジ係り。
しっかり握りしめてます。(笑)


夕方までがっつりクルマづくし。
しゅうくんはもちろん、私達もすっかり満喫なおでかけでした。



ようちゃん、なっちゃん


おでかけ comments(1) trackbacks(0)
ロンドンで再会。
ニューヨークに行く前日、
ものすごく久々な方とまさかの再会。

なっちゃんにとって、初めての“上司”なのだけど、もっと近い、
そして大きな影響をくれた人。

ロンドンまでライブを見に来たとのことで、ランチ&少々ロンドン案内を。


-2.jpg
OVER RAILに乗りたいと言うシュウくん。
途中の乗り換えに乗ってみました。
めったに乗ることはない白い電車。
嬉しかったみたい。







ショーディッチにあるALBIONにてランチ。

私は会社を辞めてから5年くらい。
一度、同期の結婚式で会って以来だから、ほんとにお久しぶり。
まさか、ロンドンでまた会えるなんて、すっごい不思議でした。
全然変わってなくて、いや、むしろパワーアップしてそうな。

懐かしい人達の近況を聞きながら楽しくお食事。

その後、まだ時間があったので、みんなで街を歩きました。


-4.jpg
ブリックレーンを歩いたり。



-6.jpg
カーナビストリートも。



-8.jpg
最後に、ハイドパークにあるクリスマスマーケット&移動遊園地へ。




-9.jpg
-10.jpg
-11.jpg
-12.jpg
-13.jpg
親としては、安全上心配なのであまり乗ってほしくはないのだけど、
遊園地に来て、興味を示さないわけないよね。

なので、汽車に乗ってみました。
しかも、みんなで。
も〜付き合わせてしまってすみません!ってかんじです。




遊具の裏側を走る。。。というなんとも微妙なルートで大人は苦笑い。
でも、シュウくんはようやく乗り物に乗れて、静かに満足なようでした。


子連れでの案内だったので、あまり動きが良くなかったですが、
一緒に時間が過ごせて楽しかったです。
元気をもらいました。
ありがとうございました☆



なっちゃん
おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ニューヨークの旅 〜Part6 久々の再会 編〜
今回のNYへの旅。
実は友人のYouheiくんに会うのが一番の目的でした。


土曜日の朝に待ち合わせ。
久々の再会とお互いの駐在話に花を咲かせながらNYをブラブラ。

シュウくんのペースでのんびり移動しながらも、観光やらショッピングやら
丸一日、すっかりお世話になってしまいました。

Youheiくん、本当にありがとう!




-2.jpg
徒歩で渡った"Brooklyn Bridge"。
マンハッタンで最も大きい橋の一つとのこと。
歩いてブルックリンへ向かいます。





あの遠ぉ〜くに見えるのは、、、




-4.jpg
世界一有名な女神様。
肉眼ではホントに米粒ほどにしか見えなかったんですが
シュウくんにはハッキリ見えていたようです。
このあと街中で"自由の女神"のイラストやお土産を見かけるたび、
「これ海に居たよねぇ〜」と嬉しそう。そんなに視力がいいのか、君は。




-5.jpg
ブルックリン側の橋のふもとには「赤レンガ倉庫」的な建物が点在。





いま歩いて渡って来たブルックリン橋とマンハッタンを望む。
橋の下にガラスで囲われているのは、、、




-7.jpg
メリーゴーランドでした。
何故かあまり興味を示さないシュウくん。
それよりも、、、





程よく逃げ回ってくれるハトさんとか、、、




-9.jpg
じっと佇むカモメさんに興味津々。




-10.jpg
ロンドンには無い開放感・スケール感が気持ちよかったのか
ニコニコで走り回るシュウくんでした。

ちなみにシュウくんのこの真っ赤な上着。
前日、犬に襲われてしまった「Patagonia ショップ」で購入したものです。
来年のために購入したのでまだブカブカなんだけど、、、

「今日これ着る!!」

気に入って自分で選んだんだもんね。当然そうなるか(笑)

ただ、恐い思いをした事ではなく、大好きな服の名前として"Patagonia"を
覚えている様子。
胸のロゴマークを指差しながら嬉しそうに「これ、パタゴニア」と
なんども教えてくれます。
ちょっとホッとしたようちゃんとなっちゃんでした。




-11.jpg
ブルックリンのカフェで休憩したあとは、地下鉄で再びマンハッタンへ移動。
Youheiくんのお宅へもお邪魔させて頂く事に。




-12.jpg
おやつに出してくれた苺です。
ロンドンのスーパーで買うのより、、、甘いっす。。。
おいしっ。
しかしこのヘタ、葉っぱ生え過ぎじゃない??(笑)




-13.jpg
大好きな苺の登場で、この男が黙ってるはずがありません。
見て下さい、この見事な頬張りっぷりと美しい歯形を。

そういえば、今日の君の服装はまさに真っ赤な苺の着ぐるみみたいだよ〜(笑)。





さらにYouheiくんからはレゴのイエローキャブをお土産にもらって
シュウくんのテンションはここで最高潮を迎えました。




-14.jpg
こちらは事前にチェックしてたアウトドアショップ"TENT & TRAIL"。
Youheiくんの自宅から徒歩圏内にあったのでちょっと寄り道。
という感じだったんですが、、、

はっきりいって、ここはNYで最強だと思います。
ゆっくり見る時間は無かったんですが、ロンドンではまずお目にかかれない
品揃えですし、ウェアもArc'teryxとか相当安かったです!



さてこのあとは、SOHOをブラブラしたり、日系スーパー行ったり、
一風堂でラーメン食べたり、YouheiくんをACE HOTELに案内したり。

そんなことをしてたら、気付いたらアッという間に夜でした。

この日はNY滞在最後の夜。
もうあとはここに行くしかないでしょう!




-15.jpg
エンパイア・ステートビルの展望台へ!










-17.jpg
まさにそれは「100万ドルの夜景」。

凄い。。。

とても現実の景色には見えず、
精巧な3D映像を見せられているんじゃないかって
本当に疑いたくなるような非現実空間でした。

一つ残念だったのは、、、
シュウくん、ようちゃんの腕の中で熟睡しちゃったんだよねぇ、、、。
全然起きない(苦笑)
見せてあげたかったなぁ。。。


本当に充実した旅行になったので、ずいぶん長く書いちゃいましたが
NY滞在記もこれでようやくおしまいです。

素晴らしく創造的であり、毒を浴びるかのような刺激的な大都会。
短い時間ですが、そんな魅力的なニューヨークを体験した気がします。

ただ、もうNYに来る事は無いかもしれませんね。
やはり我が家としては、北欧の街が醸し出すような少し静的な佇まいであったり
デザインのヘリテージだったり、生活を創造する感性がしっくりきそうです。

新たに自分達の感覚を研ぎすますという意味で
今回の旅は本当に有意義な体験をたくさんした気がします。

さてと、次回旅行に行くならどこがいいかなぁ。
今回は「大都会」だったんで、
全く反対に「大自然」な場所にも行ってみたくなりました。




志水家NYへ行く001.JPG
最後に、Youheiくんから頂いた写真を1枚。
家族3人が写ってる写真はなかなか無いので貴重です(笑)
本当にいろいろありがとう、Youheiくん!!


ようちゃん、なっちゃん
おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ニューヨークの旅 〜Part5 アクシデント編〜
ニューヨークへ行った目的の一つは、アウトドアショップ巡り。
ロンドンにはなかなか楽しげなアウトドアグッズが見当たらない。
何かないかな〜&安くなってないかな〜と期待大。
-2.jpg


そんなかんじで、パタゴニアのショップに行ったのだが、
そこで、私達は事件に。。。


しゅうくんが犬に襲われました。



-3.jpg
しゅうくんが来年以降に着れるアウターを探して、ようちゃん、なっちゃんも
それぞれ欲しいものを探して。
しゅうくんは店内のプレイスエリアで積み木で“ニューヨーク”を作って楽しんでいたのです。

この写真の後、お会計に行ったようちゃんを追いかけ、お会計のカウンターへ。
お会計を待つ列の中に、大きな犬が1匹。
飼い主もちゃんといて、リードにつながれていました。

会計を待つ暫しの間、
突然、犬がシュウくんに飛びかかり、大きな声で吠えました。
そして、しゅうの泣きさけぶ声。。。

も〜何がなんだか。

吠えたのが先なのか、飛びかかったのが先だったのか。


飼い主や店員、周りにいたお客さん達が、みんなで犬を抑えてくれたおかげで、
ほんとにギリギリ。
鼻さきがぶつかった程度で、しゅうくんに怪我はありませんでした。

その後、パタゴニアの店員さん達が、なっちゃんとしゅうくんを
自分達の事務所の控え室に案内してくれて、ひとまず座り、落ち着くことができました。
場所を移動したことで、しゅうくんは泣き止み、
店員さんが代わる代わる、「何か飲み物はいるか?」とか「クッキー食べる?」とか
声をかけてくれて、しゅうくんもその“クッキーに反応”。
「もう大丈夫。」と、「クッキー美味しい」の言葉が出て、私達は一安心。
ほんとにいろんな店員さんが声をかけてくれて、
「ステッカーはほしい?」という質問に、ちゃっかり「YES」と答えるしゅうくん。

落ち着いてから、飼い主さんと会い、お話をしてその場を去りました。



しゅうくんに怪我が無かったことが、ホントに何よりで、
私達も緊張が残ったまま、ニューヨークの街に戻ったですが、
買い物する気にもなれず、一度ホテルへ。

ただ、このままホテルにこもっても仕方ないので、気を取り直し、
ニューヨークに到着した日に見に行く予定だった、大きなツリーを見にいくことに。
そして、その側にある、レゴショップにもね。


-4.jpg
で、レゴショップの前に、ロックフェラーのツリーを見たのですが、
しゅうくんこの表情。

“レゴはどこ。。。”ってかんじですかね。
大きなツリーよりレゴです。

はい、じゃ〜レゴショップね。


-5.jpg
-6.jpg
さすがに疲れ気味で、抱っこをせがみ続けるしゅうくんでしたが、ご満悦。
目の前の超高層ビルのロックフェラーがレゴで作ってあることがわかると、
さらに嬉しそうでした。

激混みの店内でしたが、欲しい物を探して、今日の頑張ったご褒美を手に入れました。

この時点で、19時くらい。
レゴショップの後、時差ボケで、お夕飯を食べる時間に、お昼寝のしゅうくん。


-11.jpg
ホテルに戻る頃には、すっきりお目覚め。
ようちゃん、なっちゃんが眠気をこらえて、レゴ大会です。


しゅうくんの、犬とのアクシデント。
しゅうくんの笑顔を見るたび、ほんとに怪我がなくてよかったとしみじみ。
恐い思いをしてしまったのだけど、その後のパタゴニアの店員の方々の迅速な対応で
心の傷は最小限で済んだように思います。

しゅうくんは、“ニューヨーク好き”、“パタゴニア好き”って言ってるので。

ロンドンも、大きな犬多いところ。
今は小さな犬でも、体が止まってしまったりするので、時を見て、
犬との接し方を伝えたいなと。
なっちゃんもその昔、じゃれてきた大きな犬が恐くて大泣きしたことがあるので、
しゅうくんの気持ちもわかるし、恐い思いをしてしまったことが残念でならないです。

でも、ほんと、怪我がなかっただけよかった。


“またニューヨーク行きたい”ってしゅうくんが言ってくれてよかった。



ようちゃん、なっちゃん



おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ニューヨークの旅 〜Part4 ホテル編〜
今回の滞在は、"ACE HOTEL NY"。

アメリカ数カ所で展開しているホテルなのだが、
その場所、その建物から得るインスピレーションで
既存の建物をリノベートしてデザインされています。
ハンドメイドな演出や、ヴィンテージ感溢れる佇まい、
これでもかとカジュアルなホテルスタッフのファッションやマインド。
併設のカフェやレストランもオープン且つ、刺激的。
当然のようにクリエイターの溜まり場になってるらしく、以前から
とても興味があったんですよね。




-9.jpg
エントランス。
場所はエンパイア・ステートビルのすぐ南。
29th Street沿いです。
付近は雑然とした土産物屋などが多いですが、再開発を進める地区として
これから少しずつ変貌していくエリアだとか。

ホテルのスタッフは全員カジュアルな服装。
ってか、正直誰がドアマンかわからなかったよ。
「通りすがりの人が開けてくれてるのかと思った」 by なっちゃん(笑)





我が家が宿泊した「823号室」のサイン。





DSC07528.jpg
さあ、入ってみましょう。




-4.jpg
ドアを開けて出迎えてくれたのは、、、
壁いっぱいに描かれた巨大な蜂。
室内にはラジオのサウンドが流れ、使用感のあるアイテムが置かれ、
うっすら開いていた窓からは、遠くで鳴り響くクラクションが聞こえる。




-5.jpg
泊まりに来たのではなく、まるでここに暮らしてるような感じ。





DSC07611.jpg
シュウくんも巨大な蜂にビビることもなく、この笑顔。




-6.jpg




あまりいい写真を残してなかったんですが
服を掛けたりすると、こじんまりとしたアパレル系のお店にも見えてきます。





これ、冷蔵庫ね。






"THE ACE HOTEL SURVIVAL GUIDE"(笑)






DSC07508.jpg
水回り。









ドライヤーの入ってる袋や、洗面所にぶら下がってる四角い石のような石鹸,
ステーショナリー等々、その他にもクールなアメニティーが部屋中にあります。
これらのほとんどは購入可能(ネット販売有り)。
しかも大抵がメジャーブランドやショップとのコラボでデザインされた、
ACE HOTELオリジナルアイテムです。







いたるところにメッセージが。




-11.jpg
手前のカードがルームキー。
奥がチップを入れて置いておく袋。

活版印刷風やステンシルを多用したタイポグラフィーが
このホテルの雰囲気作りに一役買ってますね。
かっこいいと思います。





人が集まる1階ロビー。
Free Wi-Fiな上に、長テーブルやソファがいくつも置いてあり、
クリエイターらしき人達が昼間から訪れている様子。
これだけくつろげてて、雰囲気も良く、さらに美味しいコーヒーショップが
隣接しているとくれば当然ですよね。


ちなみに「ACE HOTEL」の中でも特にこのニューヨークのホテルは「音楽」に焦点を
当てているようで、選りすぐったCDが売っていたり、部屋には五線譜が置いてあったり
スイートルームには、いくつかの音楽機材やギターまで置いてあるとか。


夕方を過ぎると一階フロアはほぼ「クラブ」「ディスコ」といった雰囲気。
シュウが産まれて以来、そういう空気にしばらく触れていなかったので、
久しぶりに何か気分が高揚するというか、楽しい気分になりました。


こういうホテルが増えると、旅行も一段と面白くなるなぁ。
いわゆる三ツ星ホテルとかは、清潔・洗練・高品位な体験は出来るけど
面白みには欠けますからね。
ここを予約して正解でした。

"ACE HOTEL NY"→ 
http://www.acehotel.com/newyork


ようちゃん、なっちゃん

おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ニューヨークの旅 〜Part3 お食事編〜
元気に街に出る為には、まず朝食。
初日は、宿泊してるACE HOTELのロビーでいただきました。



-27.jpg
-26.jpg
トーストにヨーグルトという、いたってシンプルなものですが、
美味しい。。。

毎朝ロンドンでの朝食は基本的に、白米。

久々のパンなので日常とは違う気持ちになれたのと、
やはり何故かロンドンのパンよりこっちのパンが好みです。
こんなにシンプルなものを“美味しい〜”ってしみじみしちゃうのが、
ちょっと悲しかったりして。(苦笑)


翌日は、同じくホテル1階にある、スタンプタウン・コーヒー・ロースターズにて。
日本の雑誌にも紹介されてたコーヒーショップ。
-38.jpg
-39.jpg
-33.jpg
ここは酸味強めのコーヒーみたい。
酸味は苦手な私達ですが、カプチーノを美味しくいただきました。



お友達のYouheiくんと合流した日、散歩の途中でお茶を一緒に。
立ち寄ったのが「ONE GIRL COOKIE」というカフェ。

-37.jpg
明るくて、空間に余裕があって、過ごしやすい店内。



-35.jpg
-36.jpg
お店の名前にもなってた通り、可愛らしいクッキー達。
チョコレートとおぼしきものは、速攻しゅうくんに持っていかれました。
どれも美味しかったです。




さてさて、アメリカ、ニューヨークといえばハンバーガーなのかもしれないですが、
実は今回、ハンバーガーは1個も食べませんでした。
“ニューヨークらしさ”よりも“日本の味”を求めてました。(苦笑)

ロンドンも日本食材店もあるし、和食を食べれるお店も、ラーメン屋もあります。
でも、フランスやニューヨークに比べると、数やクオリティーは劣るような。。。
隣りの芝生は青い。。。のかもしれないけど。


ご飯を食べに行きたかったのはHiroko's Place。
去年、ようちゃんがニューヨークに出張したときにお友達が教えてくれたお店。
-29.jpg
-30.jpg
ハヤシライスに明太子スパゲッティ、




-31.jpg
そして極めつけは「アンパンマンオムライス」!!
ニューヨークにいるとは思えない。




-32.jpg
しゅうくんもテンション上がります☆

店内も気軽な洋食屋さんなかんじで、癒されました。
住んでたら、通うね。
確実に。



そしてもう1軒、行きたかったのが、
日本では有名なラーメンチェーン「一風堂」。
-40.jpg
夕方5時半すぎでこの行列。
1時間待ちでした。

ちなみに6時半頃に来た客には「3時間待ち」という案内を出してました。
そんなに人気なのか。。。






-44.jpg
ソファー席もあって、まるで居酒屋です。
なんか満たされました〜。
どこぞの知らないラーメン屋ではなく“一風堂”っていう看板も大きなポイントかも。

お客さんは日本人ももちろんいましたが、それ以外の現地の人の方が多いかも。
みんな2時間、3時間待って、この食事を楽しんでいました。



ニューヨークの日本食材店もちょっと楽しみにしてました。

訪れてみたのは「SUNRISE MART」というニューヨークにも3店舗あるスーパー。
その狭い店内に足を踏み入れてみたのですが、案の定、、、
なんと豊富な品揃えだこと。。。

ロンドンの日系スーパーに比べると、倍の種類はあるでしょうか。
しかも、安い!!(関税とかいろいろあるんでしょうね。)
まるで、日本に帰った時のように買い物しちゃいました。

ロンドンは品物なさすぎ。。。
“基本”は揃ってはいるんだけど、さすがニューヨークね。
日本人の数も違うんだろうな。

ともあれ、“日本”をちょっと感じられて"食"も満喫できました☆



ようちゃん、なっちゃん

おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ニューヨークの旅 〜Part2 ミュージアム編〜
-7.jpg
朝、7時前。
久々のこの時間の朝日。
眩しくて、気持ちいい〜。
体が自然と動きます。


この旅の目的の一つはミュージアム。
グッゲンハイムとMOMAとイサムノグチの3ヶ所へ。
ホントはビーコンにも行きたかったんだけど、
入国審査3時間やら、その後のアクシデントやらで予定が合わず。
せっかくお友達に教えてもらったのに残念でした。。。


気を取り直して。
まずは、グッゲンハイム。
-8.jpg
-9.jpg
この時は、ピカソの展示。
横目でピカソを見つつ、坂道をぐるぐる。

しゅうくんの目にはどんな空間に写ったかしら。

たしか入場料が一人$20。
広くないのに、値段高すぎ〜。。。(苦笑)


-10.jpg
ふと下を見たら、赤い帽子のあの人が。
帽子しか赤くないのだけど、しゅうくんはホントのサンタさんと思ったらしい。

日頃、
“ママとパパのお話をちゃんと聞いてるか、サンタさんが見てるよ〜”
っていってるもので。
しゅうくん、サンタさんを見つけ、やや緊張。
“やばっ。。。歩いてないのバレたかも。。。”ってかんじでしょうか。
おかげで、その後は、しっかり歩いてくれました。(苦笑)



お次ぎはMOMA。
ロンドンへ帰る最終日だったので、かなり駆け足で。
-20.jpg
ここも入場料高い〜(苦笑)
ロンドンは無料のとこがたくさんあるので、違和感あります。





まるで教科書の中にいる気分。
しゅうくんはパパの講義を聞いているのかな。




-23.jpg
広い空間で、楽しそうなことやってました。
台に上がって動くと、自分の姿が影絵となり映し出されます。
それに味付けが施され、かわいい影絵になるんです。

おにいちゃんが楽しそうにやっていて、しゅうくんも興味津々。
「ぼくもやる」と。


ちょっとしたことですが、「ぼくもやる」の一言が聞けて、
親として楽しい瞬間でした。





行ってよかったと思ったのは、イサムノグチ。
-15.jpg
-16.jpg
喧騒からすこし離れ、こじんまりとした建物。



-25.jpg
-13.jpg
-18.jpg
しゅうくんいわく、「入浴剤みたい」。。。
あ〜。。。バブが溶けてるとこね。


-19.jpg
ヘッドホンを着けて、イサムノグチの作業風景の映像を見る2人。
石を切ったり、削ったり。
いい音が聞こえてきたかしら。



-12.jpg
-11.jpg
カフェで一息しつつ。
やっぱり我が家はミッドセンチュリーが心地いいね〜なんて思う。



-14.jpg
寒そうに見えますが、そこまで寒くなく、小雨が残念だったくらいかな。

我が家にしては、めずらしく乗り物関連がないのだけど、
ミュージアムで見たものがしゅうくんにどう印象に残ったか、楽しみ。



ようちゃん、なっちゃん
おでかけ comments(0) trackbacks(0)
ニューヨークの旅 〜Part1 まず移動〜
クリスマスが間近になり、いよいよ年末な気分。
赴任の期限も1年も切り、
行きたい場所へは行っておかないと時間がなくなってしまう。。。

ってことで、ニューヨーク。
友人が赴任しているので、会いに。

さすがクリスマス時期。
どこ行っても移動代が高い。
そこで今回は、ジュネーブで乗り継ぎをして行くことに。
到着するまで10時間。
長い。。。
でも、しゅうくん乗り物好きだから、大丈夫よね。



乗り継ぎをするのだけど、両便ともに、スイスエアラインズ。
いろいろな飛行機に乗れるのも楽しみだったり。




塗り絵や、パズルやぬいぐるみなど、小出しにいろいろプレゼント。
しゅうくんがご機嫌で私達もご機嫌、というか、一安心。



-7.jpg
全部でこれだけ頂きました。
飛行機に目が付いてて、魚にしか見えないんですけどね。。。
しゅうくんも、時々間違えて、「すいすい〜」って。




座席においてある、安全のしおりを何度も「よんで〜ぇ〜」って。
絵本と間違えてるでしょ。。。
おかげですっかり覚えました。




-5.jpg
持って来た遊び道具ももちろん登場。
ステッカーを貼って遊ぶ絵本。
この間までは、意味わからないとこに貼っていたのだけど、
今は、絵の意味を考えながら、楽しく遊んでいました。


飛行機の乗る度、なっちゃんとしゅうくんの2人でロンドンに初めて来た時を
思い出します。
しゅうくんは1歳すぎ。
歩きたい、動きたい年頃の子供を一人で見ながらの長距離移動の緊張を思いながら、
3歳半になった息子の姿を見て、大きくなったな〜としみじみ。



-3.jpg
たまには映画も見たりして。
まあすぐに飽きちゃうんだけど(苦笑)

ちなみにシュウくんが着けてるヘッドホンは、パパのデザインですからね。
使い心地はいかがですかぁ。


そんなこんなで、順調に乗り継ぎ、無事にJFK空港に到着した
のですが、。。。。

その後が大変。

入国審査に長蛇の列。
15時すぎに着陸して、空港出れたのが18時すぎ。
3時間も並ぶなんて。。。

仕事してるほうも大変でしょうけど、前に進まない列に並び、
3時間も立ちっぱなしはも〜。。。

きつかった〜
ほんとに。


ホテルに到着したら、おっきなツリーを見に行こうと思ってたのに。
そんな気力もないですよ。

夕飯もそこそこに、就寝。
翌日に備えるしかないです。

荷物がなくなることもなく、無事にホテルに着いただけ
よかったということで。



ようちゃん、なっちゃん


おでかけ comments(0) trackbacks(0)
蒸気機関車でタイムスリップ

イギリスには100を超える「保存鉄道」が存在します。
19世紀初め頃に実際に活躍した蒸気機関車が、今もイギリスの田園風景の中を疾走する。
もちろん移動の足としては使われておらず、古き良き産物を現在も大事にする
英国文化が、訪れる人々にその風情を楽しませているわけです。
しかも運営はほとんどボランティアとのこと。
リタイアしたおじさま達が本気で“電車ごっこ”しちゃってるのかなぁ、
なんて想像していると、ちょっとほくそ笑んでしまいました。
 
さて、ナローボートで秋晴れのロンドンを遊覧した翌日、
ロンドンに来ていたようちゃんのご両親のリクエストもあって、
そんな保存鉄道に乗車してきました。
訪れたのは“Bluebell Railway” 。数ある保存鉄道の中でも老舗で規模も大きいとのこと。
しかもロンドンから南に車で1時間半程で行ける距離。
 
こんな近くにあるなんて盲点でした。




思っていたより静かな佇まいの駅舎。







DSC06644.jpg
一世紀前の世界へ。




DSC06449.jpg



DSC06565.jpg
映画のセットじゃないよね。




DSC06590.jpg



DSC06467.jpg

DSC06493_2.jpg

DSC06486.jpg



DSC06588.jpg
蒸気機関車に夢中な男2人。
歳の差、約60歳。





一般市民の我々は3等車両が相応しい。






DSC06515.jpg



DSC06658.jpg


さあ、のんびりタイムスリップの旅へ出発。
片道30分の短い旅ですが。



DSC06621.jpg
シュ〜〜!!  ポーーッ!!!
 
ガタゴトガタゴトガタゴト。。。。




DSC06652.jpg
終点の駅に到着。




DSC06659.jpg
ほっこり佇む、小さなアイスクリーム屋さん。
コーヒーだけ頂いて、またのんびり同じ線路を戻ります。




DSC06673.jpg

DSC06625_2.jpg

DSC06521.jpg

DSC06536.jpg
 
 
 
蒸気機関車って、素敵な乗り物だなぁ。
「懐かしい」なんて感じるような世代ではないんですけど、
五感で感じるものがとても人間味にあふれてて美しかった。
 
まあシュウくんにとっては
「“リアル”機関車トーマス」な感じだったかもしれないけど(笑)
 
大人も子供も、おじいちゃんおばあちゃんも
大いに楽しめる体験は、なかなか無い気がします。
 
 
しかもこんな人達も来てたり。



DSC06549.jpg

DSC06439.jpg

DSC06437.jpg
「”MGA”乗り」が集まって、ここを目的地にツーリングしてきた模様。







何台か「MGB」も混ざってます。これは「MGB GT」。
実は今ようちゃんが一番乗りたい車なんだよね。
ようちゃんテンションあがりすぎです(笑)
 
 
ここの保存鉄道にはフォーマルなレストラン列車もあって
どうやらみんなでランチをしに来たみたい。
なんて優雅で豊かな英国の休日でしょう!
こんな風に老後は過ごしたいものですね〜。
 
 
また我が家が“イギリスかぶれ”に一歩近づきそうな予感。。。(笑)



ようちゃん、なっちゃん
おでかけ comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/9 | >>